なぜ30代に美容クリームが必要なのか

30代は美容クリームがなぜ必要?

肌の水分量は生まれた時が最も多く、年齢を経るごとに減っていきますが、油分は20代から30代に向けて、一旦増えます。

そんな結果が出ていますが、個人的には実感したことがありません。

ただ、年齢を重ねるごとに、肌が乾燥していくだけです。

ベタつきが嫌だったので、さっぱり化粧水とジェルという組み合わせを愛用していたのは、20代前半までです。

少しずつ油分量の多いものへと変遷していきました。その方が肌の調子が良いからです。

今は、化粧水と美容クリームで落ち着いています。

 

30代になったらオイルフリーのジェルではもう保湿が追い付かない

ジェルは確かに気持ちが良いのですが、ジェルの方が水分メインなので、一時的に潤っている!という実感はありますが、午前中には、頬や口元の乾燥が気になってきます。

またオイルフリーのジェルでは、水分蒸発のために油分の代用として、ジメチコンなどのポリマーを使用しています。

ジメチコンは油分にも水分にも強いので「水分を蒸発させないけれど、肌の奥には浸透しない」という能力だけを切り取ると素晴らしいと思います。

しかし一方で、ジメチコンが前半にくるようなスキンケア用品には、強い皮膜感があるのです。

水分を蒸発させまいとする機能と引き換えに、人工的な皮膜感を得るならば、天然由来の油分を使った美容クリームの方が、むしろライトな感触で使えます。

また、皮膚は排出器官でもあるので、ポリマーやシリコンで顔を覆うのは、ファンデーションなどのメイクアップ製品だけでしておきたいという気持ちもありました。

ちなみに、個人的には、ポリマーやシリコン、界面活性剤などは全て悪という印象を与えていますが、成分の前半に来ない限り、そこまで神経質に考えてはいません。

むしろ、毛穴カバー力があり、つるんとした肌を作ってくれるので、ベースメイクの際には大変お世話になっています。

 

30代になりスキンケアはできるだけ肌に近い成分を使って保湿したい

ただ、ストレスや食生活、ちょっとした紫外線でも肌のつっぱりを感じる30代になってからは、スキンケアだけはできる限り、肌に近い成分を使って、保湿をしたいと考えるようになりました。

美容クリームは肌表面の皮脂膜と同じ油分なので、とても相性がよく、抵抗なく馴染んでくれます。

しかも油分はエモリエント効果があるので、肌を柔らかくしてくれます。肌が柔らかくなると、肌の浸透性を高めてくれるので、美容クリームの中の美容成分をじっくりと届けてくれるのです。

特にセラミドの場合、スキンケア用品に含まれているものでも、外側から補給でも細胞間脂質に組み込まれて増やすことができるので、うるおいが続くのに、ベタつかないという点も気に入っています。

ベタつきが気にならずに美容クリームを使えるようになって、もう若い肌ではないのだな…という複雑な気持ちはありますが、同じスキンケアに固執せずに、良いと言われるものを柔軟に取り入れていきたいと思っています。

震えるバナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました